在宅ワークにおすすめのオフィスチェア5選

公開日:2022.12.1 更新日:2022.12.1

在宅ワークにおすすめのオフィスチェア5選在宅ワークにおすすめのオフィスチェア5選

在宅ワークやテレワークが一般的となり、自宅にオフィスチェアを導入する人が増えています。長時間勤務に適していない椅子だと肩や腰を痛めてしまう可能性もあります。快適な環境を整えるためにも、自身の体やワークスタイルに合った椅子を選ぶことが大切です。今回は在宅ワークにおすすめのオフィスチェアについて詳しく解説します。

自宅にオフィスチェアは必要?

自宅で仕事をする機会がほとんどなかった人の中には、背もたれやクッションのない椅子をワークチェアとして使っていた人もいるでしょう。ちょっとした作業であれば問題ありませんが、長時間座るには適していません。

在宅ワークやテレワークが一般化した今、快適な仕事環境を整えるためにも自宅にオフィスチェアを導入する人が増えています。自宅にオフィスチェアを取り入れるのには、どのようなメリットがあるのでしょうか。次はオフィスチェアの必要性について詳しく解説します。

快適な環境づくりにはオフィスチェアが大切

快適な環境づくりにはオフィスチェアが欠かせません。環境面が整っていないことで身体的な悪影響を受けている人も多く、厚生労働省も快適な環境づくりを推進する『情報機器作業における労働衛生管理のためのガイドライン』を公表しています。

今、仕事をしていて首や腰が痛いなどの悩みがある場合はオフィスチェアの導入を検討してはいかがでしょうか。自分に適した椅子を選ぶことで、体への負担軽減が期待できます。

出典:情報機器作業における労働衛生管理のためのガイドライン

チェアを変えることで仕事への集中力が持続

チェアを変えることで仕事への集中力が持続する効果もあります。長時間の作業に適さない椅子だとすぐに体が疲れてしまいますが、オフィスチェアは座面高さ等を自由に変えられるので自分の体に適したポジショニングが可能です。また、アームレストを調整することによりキーボード操作などがしやすくなり、作業効率も高まるでしょう。

体への負担を軽減することは、身体面の不調を防ぐだけでなく集中力を高める効果もあります。作業効率を上げるためにも自分に適した椅子を選ぶことがおすすめです。

デスクワークの正しい姿勢

デスクワークの正しい姿勢デスクワークの正しい姿勢

体への負担を軽減し、作業効率を上げるためには正しい姿勢を保つことも大切です。特に椅子を選ぶ際は正しい姿勢を保ちやすいかも注目しましょう。座ったときに正しい姿勢を取りやすいものを選ぶと自然と体への負担も軽減できます。次はデスクワークの正しい姿勢について詳しく解説します。

深く腰掛け骨盤を立てる

椅子に座る際は、深く腰掛け骨盤を立てましょう。お尻が背もたれにぶつかるくらい深く腰掛けるのがポイントです。尾てい骨が背もたれに当たる位置に腰掛けると、自然と骨盤が立ちます。

骨盤がきちんと立っていると、上半身がしっかり支えられるため長時間座っていても疲れにくくなります。腰への負担も軽減され、身体的な悪影響も防げるでしょう。

反対に浅く腰掛けると、猫背や反り腰になり腰に負担がかかってしまいます。正しい姿勢を保つためにも、椅子には深く腰掛けて骨盤を立てるよう意識しましょう。

背筋を伸ばしあごを引く

背筋を伸ばしあごを引くのもポイントです。椅子に深く腰掛けたら、背筋を伸ばしあごを引いて頭が体の真上にくるよう意識しましょう。頭はとても重いので、頭の重さで体が傾きやすくなってしまいます。頭の位置を安定させることで、正しい姿勢が取りやすくなります。

ただし、背筋を伸ばすことばかり意識してしまうと反り腰になってしまうこともあるでしょう。胸を開くのではなく、頭頂部から伸びる一本の糸をイメージして上から吊るされているような感覚で背筋を伸ばしてください。

背骨はゆるやかなS字を意識する

背骨はゆるやかなS字を意識しましょう。もともと人間の背骨は緩いS字カーブを描いていますが、骨盤が倒れるとS字が崩れてしまいます。特に椅子に座っていると猫背や反り腰になりやすいため、座り方に注意が必要です。

椅子に深く腰掛け、背筋を伸ばすことで自然とゆるやかなS字が描けます。オフィスチェアを選ぶ際も正しい座り方をサポートしてくれるか確認することも大切です。

オフィスチェアの選び方

オフィスチェアの選び方オフィスチェアの選び方

オフィスチェアを選ぶ際は、チェアの作りや素材にも注目しましょう。一口にオフィスチェアといってもさまざまな特徴があります。それぞれメリット・デメリットが異なるため、自分の好みや体に合ったものを選ぶことが大切です。次はオフィスチェアの選び方について詳しく解説します。

張地の素材

メッシュ

メッシュ

クロス

クロス

ビニールレザー

ビニールレザー

張地とは椅子の座部分や背部分に張られる生地のことです。主に『メッシュ』、『クロス』、『ビニールレザー』の3種類に分けられ、それぞれ特徴が異なります。

『メッシュ』は通気性に優れており、背中や腰の蒸れを感じづらいメリットがあります。シーズン問わず使えるのも利便性が高く、人気のポイントです。一方、メッシュの隙間にほこりが溜まりやすいため、小まめに手入れをしなければなりません。

『クロス』はカラーバリエーションが豊富で、インテリアに合った商品を見つけやすいメリットがあります。質感もよく、多くの商品で採用されている素材です。しかし、水や汚れに弱いため、お手入れや取り扱いに注意しなければなりません。

『ビニールレザー』とは塩化ビニル樹脂を使った合成皮革の一種で、高級感があるのが特徴です。汚れても気になる部分をウェットティッシュでサッと拭けば済むのでお手入れに手間がかかりません。ただし、通気性が悪く蒸れやすいため長時間座って作業するには向いていないでしょう。

座面の素材

オフィスチェアの座面に使われる主な素材は、ウレタン素材、モールドウレタン素材の2種類です。座面の素材は固さや座り心地の好みにもよって選び方が異なります。

ウレタン素材はクッション性に優れています。しっかりと厚みがあるため、長時間座っていても疲れにくいでしょう。メッシュほど通気性はよくありませんが、幅広い層から人気のある素材です。

モールドウレタンとは、金型にウレタン液を流し入れ、発泡させて作るウレタンのことです。高密度のウレタン壁ができ、型崩れしづらく耐久性に優れています。一般的なウレタン素材よりも固めで、長時間座っていても疲れにくいのが特徴です。

背もたれの高さ

ローバック

ローバック

ハイバック

ハイバック

エクストラハイバック

エクストラハイバック

背もたれの高さには、『ローバック』、『ハイバック』、『エクストラハイバック』の3種類があります。

長時間作業をする場合は、『ハイバック』がおすすめです。ハイバックは首から頭くらいまで背もたれがあるため、体全体をしっかりと支えてくれます。リラックスしやすく、長時間座っていても疲れにくいのが特徴です。しかし、サイズが大きいため人によっては圧迫感を抱くかもしれません。

圧迫感を抑えたい人には、『ハイバック』がおすすめです。『エクストラハイバック』よりもリラックス感は減りますが、全体的にコンパクトなので圧迫感が抑えられます。さらに商品数も多いため、お気に入りの商品が見つかるかもしれません。

『ローバック』は最も背もたれが低いものを指します。全体的にコンパクトなので複数の椅子を置くには便利ですが、長時間の使用にはあまり向いていません。

ロッキング機能の種類

ロッキング機能の種類

ロッキングとは、背もたれに寄りかかると反発力でゆらゆら揺れる機能のことです。似ている機能にリクライニング機能がありますが、リクライニングはレバーを操作して背もたれを好きな角度に調整できる機能を指します。ロッキング機能は長時間作業する中で、背中を伸ばしてリフレッシュしたい時に役立ちます。

ロッキング機能の種類は、背もたれロッキング、背もたれ・座面ロッキング、シンクロロッキングの3種類です。

背もたれロッキングは、最も一般的なロッキング機能で、背もたれだけが後ろに動きます。

背もたれ・座面ロッキングは、背もたれと座面が同じ角度で動くロッキング機能です。背もたれと座面が繋がっている椅子に多く、体全体が後ろに倒れるようになっています。

シンクロロッキングは、背に連動して座面後方が沈み込む機能のことです。体への負荷が少ないためリラックス効果が期待できるでしょう。

アームレスト

アームレスト

アームレストとは、肘掛けのことです。アームレストにはパソコンの操作などをする際の腕の負担を軽減する役割があります。長時間作業をする際は、固定式ではない可動式のアームレストがついている方がよいでしょう。

椅子のデザイン

椅子のデザインも大切なポイントです。機能性が高くてもインテリアとマッチしていないと統一感が損なわれてしまいますよね。仕事へのモチベーションを保つためには、お気に入りの環境を整えることも大切です。機能性とデザイン性を兼ね揃えた椅子を探してみましょう。

キャスターの種類

ナイロン双輪キャスター

ナイロン双輪キャスター

ウレタン双輪キャスター

ウレタン双輪キャスター

ゴム単輪キャスター

ゴム単輪キャスター

グライド

グライド

キャスターには『ナイロン双輪キャスター』、『ウレタン双輪キャスター』、『ゴム単輪キャスター』、そして固定用の『グライド』があります。

『ナイロン双輪キャスター』は一般的なオフィスチェアに使われるキャスターです。耐摩耗性があり、カーペットなど柔らかい床でも軽く動きます。一方、フローリングやタイルの上で使用すると床面を傷つける恐れがあるため注意が必要です。

『ウレタン双輪キャスター』は車輪にウレタン素材を巻きつけたキャスターです。適度なグリップがあるため、滑りやすい床でも使いやすいでしょう。さらに耐久性も高く、お気に入りの椅子を長く使いたい人にもおすすめです。
また、イトーキでは硬い床での転がり過ぎを防ぐ『抵抗付ウレタン双輪キャスター』を装備したチェアもあります。

『ゴム単輪キャスター』とは、ゴム素材で作られたキャスターです。滑りにくく、安定感があり昔から馴染みのある素材です。フローリングやPタイルとの相性がよく、自宅でも使用しやすいでしょう。

『グライド』とは、チェアを固定して使用するためのものです。

オフィスチェアの種類

オフィスチェアの種類オフィスチェアの種類

オフィスチェアにはさまざまな種類があります。機能性や価格も異なり、働き方や体に適した椅子を選ぶことが大切です。次はオフィスチェアの種類とそれぞれの特徴について詳しく解説します。

エルゴノミクスチェア

エルゴノミクスチェアとは、人間工学に基づいて作られた椅子のことです。使いやすさや快適さを追求しており、疲れにくいのが特徴です。椅子自体が正しい姿勢を保てるようサポートしてくれるので、長時間座っていても理想の姿勢を維持できます。

さらに椅子やアームレストの高さを調節できる椅子が多く、自分にとって楽なポジションを取りやすいのも大きなポイントです。『長時間の作業で疲れやすい』という悩みや、『毎日体のどこかが凝る』と悩んでいる人にはぴったりでしょう。

エグゼクティブチェア

エグゼクティブチェアとは、企業の管理職級の人物が座るのを想定して作られたオフィスチェアです。機能面とデザイン面の両方が優れており、高級感漂う商品が多くあります。

全体的にゆったりとしたデザインのものが多く、長時間作業をしても疲れにくくなっています。素材はビニールレザーが用いられることが多いため、見た目にも高級感を得られるでしょう。さらにリクライニング機能が付いているものもあり、リフレッシュや仮眠にも最適です。

ゲーミングチェア

ゲーミングチェアとは、ゲームプレイに最適な椅子のことです。eスポーツプレーヤーは1日中ゲームをすることもあり、長時間座っていても疲れにくい椅子が求められます。ゲーミングチェアはまさに長時間作業に特化した椅子というわけです。

多くのゲーミングチェアは体をゆったりと包み込んでくれるシートが多く、頭を支えるヘッドレストやアームレストなども付いています。さらに骨盤を正しい位置で立たせるランバーサポートが付いている椅子や背もたれが大きく倒れる椅子が多いのも特徴です。

事務用チェア

事務用チェアとは、最も一般的なオフィスチェアを指すことが多いでしょう。背もたれはローバックやミドルバックのものが多く、アームレストが付いていないものも少なくありません。比較的価格が安いため、購入しやすいのが嬉しいポイントです。

あまり長時間作業をすることが少なく、ちょっとしたデスクワークをするための椅子を探している人におすすめのオフィスチェアです。

ITOKIの在宅ワークに適したオフィスチェア

幅広いオフィス家具を取り扱うITOKIでは、在宅ワークに最適なオフィスチェアが多数揃っています。高い機能性を誇っているのはもちろん、デザイン性に富んだ商品も多いためお部屋のインテリアにぴったりなオフィスチェアが見つかるでしょう。次は、ITOKIの在宅ワークに適したオフィスチェアをご紹介します。

アクトチェア

アクトチェア

アクトチェアは、ワークパフォーマンスを高めるための理想の座り心地を追求したオフィスチェアです。背もたれには肩の動きに合わせて回転するピボット構造を導入し、上半身をスムーズに動かせるよう工夫されています。さらに体格に合わせて座面を調整できる座の奥行き調整機構が採用されており、自分で体格に合わせた位置に設定することが可能です。

他にもアームレストには上下・前後・回転角度が調節できる4Dリンクアームを採用し、アームレストを自在に動かして肘位置を調整することができます。長時間のデスクワークでも体にかかる負担や疲労を軽減してくれるでしょう。

全体的にしなやかでシンプルなデザインのため、どんなお部屋にも自然と馴染みます。カラーバリエーションも豊富なので好みの商品を見つけられるでしょう。

アクトチェア
価格 72,000円(税込)~
アクトチェアの詳細はこちら

ノートチェア

ノートチェア

ノートチェアは、インテリア性と優れた機能性の双方を取り入れたオフィスチェアです。インテリア性の面では、カジュアルな空間にも調和するよう樹脂部分の露出を抑える工夫が施されています。さらに張地はメッシュバックタイプとクロスタイプ、ビニールレザーの3種類から選べ、自分の好みを反映できます。上質な素材を採用しているのはもちろん、カラーバリエーションも豊富なのでさまざまなインテリアに合うでしょう。

機能面では、3Dアームを導入し作業姿勢を快適にサポートしてくれます。上下の高さを調整できるだけでなく、天板が回転、前後移動するので作業姿勢とリラックス姿勢のどちらにも合わせやすくなっています。他にも座面の奥行き調節機構も備わっているため、体格に合わせて座りやすい位置を調整できます。

ノートチェア
価格 49,500円(税込)~
ノートチェアの詳細はこちら

スピーナチェア

スピーナチェア

スピーナチェアは人間工学に基づいて作られたオフィスチェアです。座ると同時に座面が沈み込みながら後方へスライドするパッシブ・スライド・シート機構を採用。背もたれのランバー部分が前方にせりだすアクティブ・ランバー・サポート機構によって正しい座位をサポートしてくれます。

さらにランバーのストローク調節やロッキングレンジの調節、ロッキング強弱調節、シートハイト調節、アームレストの調節など細かい部分も自分好みに調節できるため、快適に利用できるでしょう。

背面は樹脂とゴムの中間素材であるエラストマータイプとクロスタイプ、加えて高級感漂うレザータイプから選べます。

スピーナチェア
価格 90,800円(税込)~
スピーナチェアの詳細はこちら

レオニスチェア

レオニスチェア

レオニスチェアは、『しなやかな重厚感』と『軽やかな機能性』をコンセプトに誕生した新しいエグゼクティブチェアです。高級感のあるレザーとシンプルなフォルムがより洗練されたデザイン性をきわ立たせています。

機能面では、体を後方に倒しても肩甲骨から上を垂直に保ってくれるアクティブヘッドサポートにより、スマートフォンやモニターの閲覧時の負担を軽減してくれます。さらにロッキング機能ではアンクルムーブ・シンクロロッキングを起用し、集中している時やリラックスする時も自然な姿勢をサポートすることが可能です。他にも体格に合わせられるヘッドサポートの調整や好みに応じて調整できるランバー機構など体に応じた調整ができる機能が多数取り入れられています。

レオニスチェア
価格 187,900円(税込)~
レオニスチェアの詳細はこちら

サリダ YL9G

サリダ YL9G

サリダはユーザーのニーズに合わせて幅広い商品展開をしているシリーズです。なかでもサリダYL9Gはプログラマーやクリエイター、ゲーマーなど長時間座って仕事をする人向けに作られたオフィスチェアの顔をしたゲーミングチェアであり、機能性に富んでいます。

ヘッドレストは上下の首振りに加えて高さを調節することも可能です。背中から頭までをしっかり支えてくれるため、長時間座っていても疲れにくい仕様となっています。また、ロッキング機構には、シンクロロッキングを採用しており、体重を感知して自動で背もたれの強度を調整してくれるので、自分で操作する必要がありません。高級オフィスチェアよりも手頃な価格のため、長時間座っても疲れにくいオフィスチェアを探している人にぴったりです。

サリダ YL9G
価格 46,900円(税込)
サリダ YL9Gの詳細はこちら

オフィスチェアで快適な環境を整えよう

快適な在宅ワーク環境を整えるには、オフィスチェアが欠かせません。特に長時間座って仕事をする場合、体に適した椅子でないと体に不調をきたす可能性があります。体への負担を軽減するためにも、自分に合ったオフィスチェアを探してみましょう。ITOKIではさまざまなオフィスチェアを取り扱っています。ぜひ、参考にしてみてください。